「スポンサーリンク」


田舎暮らし格安物件の古民家賃貸や山林・竹林の人気の秘密を東京近郊の奥多摩町、千葉県南房総、神奈川県湘南・鎌倉・三浦半島、埼玉、山梨県で考える

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸を東京の近郊なら奥多摩町、千葉県南房総、埼玉、神奈川県湘南・鎌倉・三浦半島、山梨、茨城、群馬で検討したい


「スポンサーリンク」



田舎暮らし格安物件の賃貸、古民家の賃貸で田舎暮らしをすることを、田舎暮らし物件の賃貸で田舎暮らしと言うが、山林(竹林)を購入してテントで暮らしていても田舎暮らしには変わりない。格安物件の購入や古民家の賃貸をするにせよ、山林(竹林)を購入してテントで暮らすにせよ、東京の近郊なら奥多摩町、千葉県南房総、埼玉、神奈川県湘南・鎌倉・三浦半島、山梨、茨城、群馬の田舎暮らし物件を検討したい。

注目の投稿

老人に幸せをもたらす田舎暮らし格安物件

老人に幸せをもたらす田舎暮らし格安物件とは 田舎暮らしをするには、古民家とか中古住宅とか土地(山林・竹林を含む)のいずれかが必要となる。 田舎暮らし格安物件とはそういう田舎暮らしに必要な不動産物件のことを言います。 それでは、老人に幸せをもたらす田舎暮らし格安物件とはいった...

2018年12月4日火曜日

神奈川県の湘南・鎌倉・三浦半島の格安物件の古民家賃貸に憧れながら千葉の南房総で田舎暮らしをしていた時の出来事だった・・・そしてブログ川柳を吐いた

あれは、神奈川県の湘南・鎌倉・三浦半島の格安物件の古民家賃貸に憧れながら千葉の南房総で田舎暮らしをしていた時の野ネズミとの闘いだった


その年の正月は非常に寒い冬で、田舎暮らしをしている千葉県の南房総の冷蔵庫の無い小屋は、冷蔵庫の中よりも冷えていたので、食料品で溢れかえっていた

その状況をいち早く察知した野ネズミたちは、毎晩のように夜中になると、自分がラジオを聴いている事などお構いなしに、小屋の外壁から壁の中へ侵入し、ガリガリ壁をかじるようになった

小屋への侵入口を作っているのだ

自分は当然、小屋の中や小屋の外からガンガンと孫の手などを使い壁を打ちたたく

野ネズミは驚いてしばらく静かになるが、すぐにまたかじりだす

2~3日で侵入口は開き、ついに毎晩数匹の野ネズミが小屋の中までやって来る事になった

野ネズミの気配に気づいた自分は、野ネズミがいたずらしていそうな場所辺りを、何回も孫の手などを使いガンガンたたくが、しばらくするとまたガサゴソといたずらを始める

翌日、昼間に食料品を確認すると、小麦粉、即席ラーメンのスープの袋、米袋、味噌、マーガリンなどなど、あらゆる食べ物がやられている

そこで、食料品は全てプラスチックのケースやら、電子レンジの中やら、トースターの中へ仕舞ったが、それでも野ネズミの侵入は連日続くのである

たまりかねて、殺鼠剤を何種類も購入して仕掛けたが、殺鼠剤は減るけど、野ネズミの減る形跡が見られない

殺鼠剤のメーカーへ問い合わせたところ、最近は普通の殺鼠剤では効かないスーパーラットなるネズミが出現していると言う

そして、もう一段高価な殺鼠剤を購入すれば、野ネズミを撃退できるかもしれないと言われた

よわった、ほんとによわった・・・これでは野ネズミにこの小屋を追い出されてしまう

よ~し! 猫を飼おう・・・・・待てよ・・・・最近の猫はネズミを捕らないと聞いたことがある

ネズミは猫や犬と違い、一緒に住める相手じゃあない

そして野ネズミとの闘いが数か月続いたのだが、ある夏の日、奇跡が起こった!!❣❣

深夜、そろそろ野ネズミたちのお出ましの頃だと思い、腕によりをかけて待ち構えていたが、いくら待っても野ネズミの気配を感じられない

そんなバカな!と思いつつ、待てど暮らせどやはり気配が無い

結局、その夜は野ネズミたちは来なかった

翌朝、「つまんねえ~の!」だなんて呟きながら小屋の周りをうろうろ歩いていたら、自分の足元から1mぐらい先を、友達の猛毒の持ち主ヤマカガシ君がすまし顔で通り抜けて行った

友達の猛毒の持ち主ヤマカガシ君を見送った自分は、「これだ~❣❣」っと、心の中で叫んだ!

それからというもの、ここ数年間は野ネズミを見ていない

【ブログ川柳】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

1.ヤマカガシ ねずみびっくり 逃げ出した

2.ヤマカガシ ねずみ追い出し ありがとう

3.ヤマカガシ 君はとっても いいやつだ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「スポンサーリンク」

 

 



田舎暮らし古民家物件のダリア

2018年11月25日日曜日

神奈川県で湘南の鎌倉・三浦半島辺りの田舎暮らし物件の格安の古民家賃貸での暮らしを夢見ていたら沖縄の辺野古埋め立て問題の解決策が脳裏をよぎった

神奈川県で湘南の鎌倉・三浦半島辺りの田舎暮らし物件の格安の古民家賃貸での暮らしを夢見てみよう

神奈川県で湘南の鎌倉・三浦半島辺りの田舎暮らし物件の格安の古民家賃貸での暮らしを夢見ていたら脳裏をよぎった沖縄の辺野古埋め立て問題の解決策とは❓



スポンサーリンク





【沖縄の辺野古埋め立て問題解決策】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

竹島を埋め立てて、沖縄普天間基地を竹島へ移設する❣❣

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

当面は上記の【沖縄の辺野古埋め立て問題解決策】を提案出来る有力政治家は、沖縄県知事、島根県知事、安倍総理、河野外務大臣、韓国大統領、それにトランプ大統領だと思うのですが、勇気を出して提案し、沖縄の辺野古埋め立て問題が解決したその暁には、ノーベル平和賞も夢ではないと思う。

以上、田舎暮らし神奈川県で湘南の鎌倉・三浦半島田舎暮らし物件の格安の古民家賃貸での暮らしを夢見ていたら脳裏をよぎった沖縄の辺野古埋め立て問題の解決策と+αでした。



千葉県長生村の夕焼け

2018年11月9日金曜日

湘南の三浦半島や鎌倉の田舎暮らし物件で田舎暮らしをすれば世直しが出来そうな気がする

三浦半島の田舎暮らし⇒辺野古埋め立て反対⇒竹島埋め立て⇒普天間基地を竹島へ移転⇒ノーベル平和賞


湘南の三浦半島や鎌倉の田舎暮らし物件の古民家賃貸で、有機栽培で無農薬の家庭菜園をやっていると、血行が良くなり、脳ミソが冴えわたる所為か、世直しがしたくなる。

湘南の三浦半島や鎌倉の田舎暮らし格安物件の古民家物件で、有機栽培で無農薬の家庭菜園をやっていると、血行が良くなり、脳ミソが冴えわたる所為か、沖縄の普天間基地を島根県の竹島へ移転したくなる。

湘南の三浦半島や鎌倉の田舎暮らし格安物件の古民家で、有機栽培で無農薬の家庭菜園をやっていると、血行が良くなり、脳ミソが冴えわたる所為か、沖縄の辺野古埋め立てを反対して島根県の竹島を埋め立てたくなる。


そして、以上のこの事を、たとえトランプ大統領のお力添えで実施したとしても、その政治家は沖縄の英雄であるばかりか、日本の英雄となるでしょう。

また、もしかするとノーベル平和賞を射止めるかもしれない。

この事は、沖縄県知事、島根県知事はもちろん、与党・野党の国会議員だって行動力を発揮して取り組む事ができる。

当然、韓国の大統領だってノーベル平和賞候補に名を連ねるかもしれない。

思い立ったが吉日です。

政治家の皆様、がんばりましょう❣❣




サザンカ

2018年3月11日日曜日

湘南の三浦半島の田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園をやっているとどこか世の中が変??に気が付く❣

湘南の三浦半島の田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で、有機栽培で無農薬の家庭菜園をやっていたらクールジャパンの政府とは思えない政治手法が・・・・

湘南の三浦半島の田舎の田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で、有機栽培で無農薬の家庭菜園をやっていると、血行が良くなり、脳ミソが冴えわたる所為か、どこか世の中が変??になっている事に気が付く。

湘南の三浦半島の田舎の田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で、有機栽培で無農薬の家庭菜園をやっていると、身体の調子が良くなり、普段なら気にしなくて済む事まで気にかかる様になる。

たまたま今日は、東日本大震災から7年経った、日本人なら忘れてはいけない大事な3月11日ですが、三浦半島の田舎の田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で、有機栽培で無農薬の家庭菜園を耕していたら、ラジオから凄い大ニュースが流れて来た。


凄い大ニュースとは・・・正確には覚えておりませんが・・・『日本の国会へ、昨年提出された決裁文書の写しが改ざんされものであった事を、どうやら財務省が認めたらしい』というものです。

そんな凄い大ニュースをラジオで聴いたものですから、クールジャパンと持て囃されている日本でありながら、今、日本の国内で政府がやっている事がやけに気になって来たのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本日、三浦半島の田舎の田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で、有機栽培で無農薬の家庭菜園をやっていてやけに気になって来た事とは


クールジャパンが売り物の日本の政府が、沖縄では追い詰められたイタチの最後っ屁の様な「辺野古埋め立て許可証」を盾にしたり、錦の御旗の様に振りかざし住人にすごんでみたりして弱いものいじめをやってみたり、国会では、改ざんした決裁文書であることを知ってか知らずか、財務省から提出させて野党や一部の与党議員までもを騙くらかそうとしてみたり、とてもクールジャパンを標榜している日本政府とは思えない政治手法が、大変気にかかる。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




湘南・三浦半島のバラ

2018年1月21日日曜日

田舎暮らし格安物件の古民家や土地の購入か賃貸で田舎で幸せ生活

思い切って田舎暮らしに突入出来る幸せは田舎暮らし格安物件の古民家や土地の購入か賃貸から始まる

健康で長生きして幸せに過ごしたいなら、たとえ一人でも田舎暮らしをした方が良い。

そして、無農薬で有機栽培の家庭菜園を楽しみながら毎日こつこつと無農薬で有機栽培の家庭菜園を耕し、無農薬で有機栽培の家庭菜園から収穫される野菜を毎日「美味しい、美味しい」と言いながら食べれば、きっと今までとは見違えるような体形と健康体になり、医療費がかからなくなり、日本国の国家財政に大いに貢献出来ると思います。

特にこれまで、長い人生で一度も社会貢献らしい良い行いをしてこなかった御仁には是非おすすめしたい社会貢献の一つであります。


東京が恋しくて離れづらい御仁におすすめなのが、神奈川県の三浦半島辺り。

神奈川県の三浦半島辺りの田舎一人暮らしなら、東京へは通勤も出来るし、夜遊びにだって楽に行ける。

何故、勝手に田舎一人暮らしと決めているかと言えば、夫婦の場合、二人の意見を一致させるのは至難の業であるから。

夫婦一緒が無理なら、どちらか一人が田舎一人暮らしを始めれば良い。

そして相手に無農薬で有機栽培の家庭菜園を楽しみながら毎日こつこつと無農薬で有機栽培の家庭菜園を耕し、無農薬で有機栽培の家庭菜園から収穫される野菜を定期的に送っていれば、きっと相手も自分が今までとは見違えるような体形と健康体になり、医療費がかからなくなり、日本国の国家財政に大いに貢献していることに気付き、チャンスを見て田舎一人暮らしに合流してくれると思う。

早速、神奈川県の三浦半島辺りへ、田舎暮らし格安物件の古民家や土地の購入か賃貸の物件探しに行ってみよう。

健康寿命で人生を楽しく、医療費削減に協力して、ちょっとした社会貢献をしてみようではありませんか。

2017年12月23日土曜日

老人に幸せをもたらす田舎暮らし格安物件

老人に幸せをもたらす田舎暮らし格安物件とは


田舎暮らしをするには、古民家とか中古住宅とか土地(山林・竹林を含む)のいずれかが必要となる。

田舎暮らし格安物件とはそういう田舎暮らしに必要な不動産物件のことを言います。

それでは、老人に幸せをもたらす田舎暮らし格安物件とはいったいどのような田舎の不動産物件なのでしょうか。

答えは、家庭菜園が出来る田舎の不動産物件です。

では、何故家庭菜園が出来る田舎の不動産物件が老人に幸せをもたらすのかを考えてみましょう。


ざっくり言えば、国民に迷惑をかけない生活が出来れば、幸せをもたらすと言っても良いと思います。

都会の便利さにかまけて、都会でひっそりと地味な生活をしていても、「オレオレ詐欺」などに引っ掛かり、多数の警察官などのお世話になっていたのでは、幸せをもたらす都会生活とは言えません。

都会の便利さにかまけて、都会でひっそりと地味な生活をしていても、マグロのトロや霜降り肉をガツガツやったり、お酒をガブガブやったり、タバコをプカプカやりまくり、受動喫煙の家族と共に病院通いをしているようでは、幸せをもたらす都会暮らしとは言えません。

多数の警察官などのお世話になったり、生活習慣病で長年医療費を使いまくっている都会暮らしでは、とても幸せをもたらす生活とは言えないのです。

だから、国民に迷惑をかけない生活方法が必要となります。

お金の無い私が唯一これだと自信を持って言える国民に迷惑をかけない生活方法とは、家庭菜園が出来る田舎の古民家とか中古住宅とか土地(山林・竹林を含む)で、毎日こつこつと家庭菜園を耕し、品行方正な質素な生活を営む事だと思います。

尚、家庭菜園は無農薬で有機栽培でなければいけない事を申しておきます。

以上のように申しますと、「大きな病院が無い田舎で、万一病気にでもなったらどうするんだ!!」とナンセンスな質問を投げかけて来る御仁がおられますけど、そういう御仁には、優しい口調で「そういう病院通いを出来る限り減らす目的で幸せをもたらす田舎暮らしをおすすめしております。」と反論しております。

2017年11月18日土曜日

古民家賃貸の格安物件で田舎一人暮らしをしていたら変な事に気付いた

神奈川県三浦半島の田舎暮らし物件を売却して、東京の奥多摩町の格安物件の古民家賃貸で田舎一人暮らしをしていたら、変な考えが脳裏をよぎった。


その変な考えとは、神奈川県三浦半島の田舎暮らし物件を売却して、東京の奥多摩町の格安物件の古民家賃貸での田舎一人暮らしがあまりにも楽しいものだから、思い付いたように思われる。

夜もおそいので、思い付いた変な話を簡単に申し上げます。

最近流行のオレオレ詐欺(架空投資話などの電話勧誘詐欺を含む)を撲滅する妙案を考え付きました。

「○○なものは元を絶たなきゃダメだ」という言い伝えがあるように、オレオレ詐欺(架空投資話などの電話勧誘詐欺などを含む)も元を絶てば皆無となります。


その元とは何かが、世間を騒がす諸悪の根源なのですが、その元とは老人の手元に有る数百万円以上の現金(預貯金も含む)です。

もしも、老人の手元の数百万円以上の現金(預貯金も含む)が消えてしまえば、オレオレ詐欺(架空投資話などの電話勧誘詐欺などを含む)は皆無になります。

老人の手元に有る数百万円以上の現金(預貯金も含む)のために、ほぼ毎日のようにオレオレ詐欺(架空投資話などの電話勧誘詐欺などを含む)が発生し、多数の警察官がその事件で振り回されているのが現状です。

捜査は国民の血税で行われているのです。

せっかく、神奈川県三浦半島の田舎暮らし物件を売却して、東京の奥多摩町の格安物件の古民家賃貸で田舎一人暮らしを始めたけれど、毎日のように防災無線から「オレオレ詐欺に注意しましょう」などと、耳にタコが出来る程聞かされています。

この広報活動だって、基をたどれば国民の血税で行われているのです。

それではどのようにすれば、老人の手元に有る数百万円以上もの現金(預貯金も含む)を無くす事が出来るでしょうか。

それは非常に簡単です。

国会で法律を作れば良いのです。

『老人は手元に百万円以上の現金を所持した場合には刑罰に処する』と、ちょっと厳しすぎると思われるかもしれませんが、豊臣秀吉の「刀狩り」ぐらいの気合を入れて政府が取り組めば、きっとオレオレ詐欺(架空投資話などの電話勧誘詐欺などを含む)は皆無になることでしょう。

だいたい今のご時世で、手元に数百万円もの現金が何故必要なんでしょうかねえ。

万一必要な事があるとすれば、オレオレ詐欺(架空投資話などの電話勧誘詐欺などを含む)師からの電話に誠意をもって親切に対応する時ぐらいかな。

もっとも、私なんか70歳を超えても、まだリストに載せてもらえるほどの立派な稼ぎがないので、悔しいけれど全く電話なんぞかかって来ないのが現実ですけどねえ。

ついつい、愚痴ってしまいました。o(;△;)o

オレオレ詐欺(架空投資話などの電話勧誘詐欺などを含む)を一刻も早く撲滅し、浮いた捜査費用や広報活動費を老人福祉費用や子供の教育費などにまわして、明るい日本を取り戻そう!!



2016年4月7日木曜日

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸の家庭菜園で確実に無害の野菜を食べよう

田舎の山林(竹林)を購入(賃貸)して家庭菜園を楽しみながらの田舎暮らしが最もおすすめですが、それはちょっとという方には田舎暮らし格安物件古民家賃貸で家庭菜園を楽しみながらの田舎暮らしをおすすめします。
特に、古民家に拘らなくても、中古物件ならそれで大丈夫です。
中古物件でも、住宅設備の整った近年の物件よりも、築数十年の古臭い格安物件賃貸がおすすめです。
何故、築数十年の古臭い格安物件賃貸かと申しますと、築数十年の古臭い格安物件であれば、近代的な住宅設備などは全く備わっていないので、日常生活で不便を感じる事がいっぱい起きるはずです。
その不便さが、頭も使い、身体も適度に使うので、田舎暮らしで健康寿命の人生を謳歌するのに非常に役立ちます。

また、たとえ格安物件でも購入してしまえば、格安物件を購入して田舎暮らしを始めた田舎よりも、もっと素晴らしい田舎が他に見つかったとしても、購入物件が足かせになり、おいそれとそちらへ引越せないからです。
たとえ、終の棲家にしたい古民家物件や中古物件でも、賃貸の方がなにかと身軽に行動できるので、購入より賃貸をおすすめします。
そして、田舎暮らしで何よりも忘れてはいけないものは、無農薬で有機栽培のオーガニックな家庭菜園を楽しむことです。
何故かと言えば、無農薬で有機栽培のオーガニックな家庭菜園で野菜を作れば、農薬や化学肥料に侵されていない、確実に人畜無害の野菜を食べられるからです。



桜満開


このブログのPR ⇒ 田舎暮らしの家庭菜園では確実に有機栽培で無農薬の野菜が作れるブログ:田舎暮らし格安物件なら古民家でも土地(山林・竹林)でも賃貸でも役立つブログ記事&HP集

2016年1月1日金曜日

今から田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園を始めても遅くはない

毎日霜降り牛とかマグロのトロなどを口に入れなくては気が済まない吾人には『田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園』は・・・❓


半世紀余り馬車馬の様に会社勤めをして、やっと自由な生き方が出来そうだと思ったら、やれ社会貢献だの、自治会活動などで、毎晩仲間と会合を兼ねた宴会をやって、益々生活習慣病を助長させて、あっという間に拘束介護を受ける状況に陥ってしまった話がちらほら聞えて来る今日この頃ですが、貴方の退職後の生活はすがすがしい毎日ですか。

もしも、毎日がすがすがしくない状況であれば、今からても遅くないので田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園を始めてみてはいかがですか。

なにも、田舎暮らし物件であれば、格安物件でなくても構わないし、古民家でなくても構わないし、賃貸でなくても構いません。

ただタイトルである『今から田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園を始めても遅くはない』の最後のポイントである家庭菜園は必須事項だと解釈してください。

もう一つお断りしておきますが、この投稿の前段の『拘束介護』という言葉ですが、これは自分が介護ハウスなどを経営する場合には、拘束介護にした方が介護の効率が上がるし、収益も上がると思うので使っている言葉ですから、誤解なさらぬ様にお願いします。身体さえ健康であれば、無関係な言葉です。

健康長寿で健康寿命を迎えたいのであれば、今からでも遅くはないので、田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園を始めてみてはいかがですか。

ただ、田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園を始めても、毎日脂ぎったステーキやマグロのトロをつまみに大酒を煽っていたのでは、元の木阿弥位の事は解ってください。

どうしても、毎日霜降り牛とかマグロのトロなどを口に入れなくては気が済まない吾人には『田舎暮らし格安物件の古民家賃貸で家庭菜園』はお勧め出来ません。

2015年12月13日日曜日

田舎暮らし格安物件は転地療養のために存在するのか?

田舎暮らし格安物件が転地療養に果たす役割

田舎暮らし物件が転地療養のために存在する事はなんとなく理解できるが、田舎暮らし格安物件が転地療養のために存在する理由となると半分位しか分からない。
田舎暮らし格安物件と言えば、ボロボロの廃屋同然の古民家などを連想してしまうが、なんでそんなボロボロの廃屋同然の古民家が転地療養の役に立つのでしょうか。
独断と偏見で想像させていただくと、転地療養が必要な方とは、おそらく都会生活で毎日イライラしながら殆ど身体や頭を使わず、生活習慣病を発端にいろいろな内臓疾患に侵されている方たちだろうと判断できる。

田舎暮らし格安物件で転地療養の効能と想像できる状況

1.田舎暮らし格安物件の古民家などは方々朽ちかけているだろうから、そこを補修するため、毎日身体を動かし頭も使う健康的な生活が出来る。
2.田舎暮らし格安物件の古民家などには近代的な住宅設備など元々備わっていないだろうから、その不便さを補うために毎日身体を動かし頭も使う健康的な生活が出来る。
3.田舎暮らし格安物件の古民家などには広い庭が付いているだろうから、家計を補うために家庭菜園を耕し、野菜作りに毎日身体を動かし頭も使う健康的な生活が出来る。
4.無農薬で有機栽培の家庭菜園にすれば、自家製堆肥や自家製腐葉土や自家製ぼかし肥を作ったり、害虫との格闘でもっと身体を動かし頭も使うので、毎日へとへとになり、肥満もスッキリ解消出来る。

2015年10月15日木曜日

田舎一人暮らしの田舎暮らし物件は山林などの格安な賃貸の土地で良い

田舎一人暮らしのみならず新婚生活などの田舎暮らし物件は山林などの格安な賃貸の土地で良い

田舎一人暮らしであれば何ら問題ないが、夫婦共にアウトドアでサバイバルな田舎暮らしが好きな場合の新婚生活は、絶対に山林などの格安な賃貸の土地でしたい。
アウトドアでサバイバルな田舎暮らしの新婚生活を、格安賃貸で借りた山林などの土地で2~3年やってみて、その土地が気に入れば地主と交渉して購入しても良い。
田舎一人暮らしの場合は、その格安賃貸の山林などの土地を起点に、パートナーを募集するのも面白い。
田舎一人暮らしの場合も新婚生活の場合も、賃貸で借りた格安物件の山林などの土地で必ず家庭菜園をやった方が良い。
開墾したての家庭菜園であれば、最初の作物は連作障害を気にしなくて良いのでスイカがおすすめ。
連作障害などで栽培が非常に難しいスイカも、開墾したての家庭菜園であれば、初年度は誰でも簡単に栽培出来る。
賃貸で借りた格安物件の山林などの土地で、真夏に毎日スイカを腹いっぱい食べられる贅沢なアウトドアでサバイバルな田舎暮らしは、一度体験すればやみつきになりかねない。
アウトドアでサバイバルな田舎暮らしには、楽しい夢がいっぱいだ。
田舎一人暮らしの場合も新婚生活の場合も、賃貸で借りた格安物件の山林などの土地で、アウトドアでサバイバルな田舎暮らしをやってみてはいかがでしょうか。